スクロールして見る 

ヨルムンガンド


ラグナロク大戦で、ヨルムンガンドが勃興する。

大変動の後に結成されたヨルムンガンドは、行き場を失ったヴァイキングを吸収しながら勢力を拡大した。大変動の後に、北部地域では皮膚の奇妙な流行り病が発生した。皮膚がヘビの鱗のように変異した患者たちは、その奇相によって絆を深めてゆく。彼らは、ヴァイキングの信仰でトールを毒殺したとされる毒蛇、ヨルガムンドを自称した。

その集団は次第に勢力を増し、ラグナロクを目前に堕ちたトールの跡より勃興したと自称する、偏狭な異教徒へと変貌する。彼らは通過儀礼として、その痛ましき起源を称える死の儀式に臨まなければならない。自らの皮膚を酸で焼き、ヘビの鱗によって固めるのだ。その四肢は聖なる槌によって打ち砕かれる。この儀式では、多くの者が命を落とす。そこで生き残った者には、偉大なるヨルガムンドの戦士の証として、ウォーハンマーが与えられるのだ。

ヨルムンガンドは、おぞましい異形の戦士だ。彼らが戦うのは、ラグナロクを前に弱者を滅ぼすためであり、偉大なる終末に臨むことができるのは、最も相応しき力を備えた者だけであると信じている。



ヨルムンガンド(女性):

フルダ

フルダ熱心な信仰の徒である。


敬虔なヨルムンガンドとして、フルダは自らの人生をラグナロクに捧げてきた。今ここで起きている勢力争いなど、彼女を待つ偉大な戦いを思えば、単なる小競り合いに過ぎない。


他の信者と同じく、フルダは皮膚にヘビの鱗を焼き付けた。それも象徴的に前腕を焼くだけでなく、全身に信仰の証を刻んだのだ。防具をあまり身に着けることのないフルダを目にした者は、誰もがその敬虔な信仰心に恐れをなした。


ハイラーの沿岸に位置するダグ神殿ではある日、一般のヴァイキング集団と農民、村人が一体となって神々に祈りを捧げていた。ヨルムンガンドの狂信者から信仰を強うられた時に、庇護を受けるためだ。


神聖な地で臆病な姿をさらす彼らに、フルダは嫌悪を感じた。彼女はウォーハンマーを放ち、眼前の異教徒の頭蓋骨をことごとく打ち砕いていった。


するとその時、神々からの天啓が下った!ハイラー海が潮位を増して巨大な津波に変貌し、村と建物に襲い掛かってゆく。フルダは津波の奥深くを見つめ、偉大なる海蛇ヨルムンガンドの幻像を見た。


フルダの献身に、神々が答えたのだ。ついに、ヴァイキングと手を組む時が訪れた。フルダは大戦に向け、ヴァイキングに勝利への道を示し、来るべき終末に向けて覚悟を決めるように求めた。ヴァイキングも、そんなフルダの熱狂を歓迎したという。


彼女は今、ラグナロクへ向けて自らの限界を試すためだけに、勇敢な戦士とともに戦っている。

ヨルムンガンド(男性):

グレタル

グレタルはかつて、信仰を持たなかった。


ヴァイキングを戦闘に駆り立てる鬨の声には応えはするものの、ヨルムンガンドの狂信性を忌み嫌っていたのだ。だからこそ信徒の1人と戦いをともにする時、彼は慎重を期して行動した。ヨルムンガンドの傍らで、警戒を解くことはできない。こんな狂信者を信じるわけにはいかなかった。


それでも、彼らは最強の戦士として戦場に大きく名を馳せることになる。凄惨をきわめた戦闘の最中、二人はナイトの一群をハプヴァッドの大崖に追いやった。戦局は劣勢だったが、それでもかの信徒は奇妙な熱狂とともに、罪深きナイトを神々が罰するだろうと宣告する…


すると、周囲の大地が振動を起こし始めた。大海がせり上がり、崖を駆け上って彼らの頭上へなだれ落ちる。荒波がナイトの一団をまとめて断崖へと押し流した。グレタルも地面に打ちつけられ、崖の淵へと流されてゆく。海に体を殴たれながら崖にしがみつくグレタルの傍らで、信徒が海へ向かって妄言をつぶやいた。


すると…突如として海が怒りを鎮めたのだ。ヨルムンガンドはグレタルを抱え上げ、避難させる。2人が死の脅威を逃れたその瞬間、海がまた荒れ狂い始めた。ヨルムンガンドは神に賛辞を捧げる。グレタルは両ひざから崩れ落ち、呆然とその光景を眺めていた。これは自然の理に反している。だが、それでも海はヨルムンガンドの呼びかけに応えたのだ。


その瞬間、グレタルはもうかつての自分を失っていた。彼は洗礼の儀を受け入れ、ヨルムンガンドのウォーハンマーを手に取った。


その後グレタルは開眼したかのように、誇り高きヨルムンガンドとして奮闘し、来るべきラグナロクに備えて弱者の命を摘み取り続けた。

戦闘スタイル

ヨルムンガンドは敵のスタミナを削り取ることに長けた恐ろしい戦士。強力なウォーハンマーを振りかざし、バランス崩しで弱者の命を刈り取ってゆく。
  • 難易度: 中
  • 行動制御、妨害者
  • 徹底的な攻撃が特徴

特殊能力

  • スタミナ切れの敵に大ダメージ
  • 撃ち合いと戦いの仕掛けを得意とする
  • 弱攻撃 改はブロックされても阻止不能

ブラックプライア

「フォーオナー」のゲームプレイ動画で、ナイト勢力のブラックプライアをチェック。

武器

フルダのクラッシャー
1/6
セーフリームニル
5/6
ゲイルヴィムル
4/6
ヴェグスヴィン
3/6
スュン
2/6

防具

+

1/ 

防具

ヨルムンガンドは肉体を傷つけることでグレートサーペントへの信仰を身に纏う、冷酷な戦士だ。彼らを取り巻く噂には、殺した者の血と骨粉で化粧をし、人間の骨と皮膚で装束を作っているというものもある。

装飾

勝利の杯
1/5
グズニュー
2/5
フリングホルニ
3/5
ワシミミズク
4/5
追想の杯
5/5