スクロールして見る 

fh_liveupdate_en_1082

ライブアップデート(v1.08.02)

2017/06/28 03:00 午後

センチュリオン

  • ジャブとチャージジャブの効果範囲を調整。

開発者コメント: センチュリオンのジャブが、後方に回避している敵に当たり難くなりました。この対応により、全体的にジャブを回避しやすくなっています。

  • [不具合修正] 左投げから確実に強攻撃につなげられてしまう挙動を修正。

開発者コメント: センチュリオンの左投げは、他の方向の投げと比較して、キャンセルからの強攻撃に即座につなげやすくなっていました。これは予期せぬ不具合で、左投げからのみ、確実に強攻撃ができてしまう原因となっていました。

  • [不具合修正] クイックスローからのガードモード解除を無効化

開発者コメント: クイックスローの始動中に解除すると、相手を惑わせてカウンターガード崩しへと誘い込み、簡単に強攻撃をヒットさせることができました。この解除は意図したものではなかったため廃止しました。

  • [不具合修正] パリーカウンター始動時のターゲット切り替えを無効化。
  • [不具合修正] パリーカウンターを始動すると、ヒット前に守護鬼のパッシブ阻止不能スタンスが無効化されます。

開発者コメント: 特定のパリー直後の追撃はパリーしたターゲットに確実にヒットしなければならないため、センチュリオンのパリーカウンター中にターゲットを切り替えられる挙動を廃止しました。守護鬼の修正では、視認性の問題を調整します。ヒット前の阻止不能スタンスの無効化を視覚化することで、守護鬼がセンチュリオンのパリ―カウンターを受けた時に状況を認識しやすくなっています。

  • ファランクスの持続時間を45秒から10秒に変更。

開発者コメント: レベル4戦技であったとしてもファランクスは強力すぎました。効果の持続時間の長さにより、戦術的な思考すら必要なくなります。45秒という持続時間により、センチュリオンはいつでもファランクスを有効活用でき、チームに1人いるだけで常に頼もしい存在でした。持続時間を10秒に減らすことで、センチュリオンがファランクス使用のタイミングを慎重に考えるようにする狙いがあります。

その他のパッチノートに関しては、www.forhonorgame.com/patchnotesをご確認ください。